水素水が肌荒れに効果がある理由とは?

手軽にできる美容法として、数年前から女性を中心に話題になることの多い水素水。さまざまな美容効果が取り上げられていますが、その中でも、肌荒れ防止に役立つというのをご存知でしょうか。「水素には抗炎症作用がある。」このように聞いたことがある方は多いですよね。この抗炎症作用こそが、水素水に肌荒れ防止効果あるという根拠の一つにもなっているのですが、それがなぜかということまではあまり知られていません。

炎症によって肌が傷ついてしまうと、肌はバリア機能を失い丸腰の状態に。そのとき、傷口から細菌類が入らないよう、体は外敵に向かって攻撃を始めます。しかしその攻撃はあまりに激しく、ときには自分の肌を傷つけてしまうこともあるほどです。自分自身の攻撃によってさらに傷つき、その結果、炎症の範囲が広く深くなってしまいます。自分の肌を攻撃してしまう活性酸素の名前はヒドロキシルラジカル。このヒドロキシルラジカルを消す効果があるのが、水素なのです。肌にトラブルがあるときに水素を利用することで、炎症を抑制し、赤みや腫れを減少させることができると言われています。

ですが、肌荒れに水素を使うといっても、なかなか簡単にはできません。水素自体が手に触れられるものではないので、活用するのも難しいんですよね。そこで利用したいのが水素水。水素を高濃度に含んだ水素水は単なる水ではなく、ニキビをはじめとした肌荒れへの効果も期待できるもの。含有量に違いはありますが、クリニックやドラッグストアなどでも気軽に購入することができます。日常生活の中で飲む水を水素水に置き換えるだけで、美容効果を得ることができるという手軽さも、水素水の人気の理由なのかもしれません。

年齢によって肌質が変わることのある女性の肌は、それぞれの年代ごとに肌荒れに悩まされるということも少なくありません。ときには鏡を見るのも嫌になるほどの肌荒れを、水素水が救いの手になるかもしれません。